第4子、出産記録です。

4DB19628-2A5F-4654-99DE-838EFE675E6E


当時の日記とメモを見ながら記録しています。


2018年4月6日 * 出産2日目の記録



時刻内容
1:00・20〜30分間隔で起きる
3:10・胸が張り始める(マッサージ)
・また寝たり起きたりを繰り返す
6:00・ 起床
・トイレ
・歯磨き 
6:30・バイタルチェックと傷口チェック 
・母乳の分泌チェック 
・母乳マッサージ(張る) 
7:40・朝食
8:00・回診(退院を2日早く切り上げ可能な話も)
8:15・痛み止めの坐薬
8:40・夫面会に来る
・出生届を書いて渡す
(その後夫は市役所⇨三男くんの病院へ) 
9:20・搾乳
9:45・バイタルチェックと傷口チェック
10:00・搾乳
・母乳マッサージ (胸が張る)
10:20・姉と電話(出産報告)
11:00・体拭き
・搾乳 
12:20・昼食(産褥食になる)
12:40・搾乳
13:30・お腹のレントゲン撮る
14:10・仮眠
15:15・おやつ
・母乳マッサージ (胸の張りが増す)
16:00・夫と電話(三男くんの様子を聞く)
17:00・搾乳
17:40・バイタルチェックと傷口チェック
17:45・回診
18:10・夕食
・硬膜外カテーテルの抜管
(その後痛みが次第に増す) 
19:45・搾乳
・痛み止めの坐薬 
22:20・夫と電話
22:50・母乳マッサージ
(胸がカチカチで辛い)
23:30・就寝

産後2日目はこんな感じで過ごしました。

   

朝の回診で、主治医から予定の入院期間を短くし

早く退院してもいいよというお話がありました。

(予定入院期間 ⇨ 8日間だが6日間に短縮可能)

本来ならちゃんと8日間入院し、体の回復を優先

するべきだが、母子別々の入院で心配だろうと

主治医の気遣いから。

有難い話だけど、帝王切開5日目で退院となると

心配なのは切開部の痛み。

たった2日でも、病室で安静にしている2日と

自宅生活の2日とじゃ、体の負担が全然違う。

“回復次第で短縮するか検討します”と一旦保留に

しました。



この日に三男くんの出生届を書いて、

面会に来た夫に預けて出してもらうことに。

出生届を急いだのにも訳があり、三男くんの

保険証と市の医療助成制度、そしてその他の

医療助成の申請をするために一刻も早く出生届を

出さなければならなかったから。



上の子たちの時は、退院した日に出生届を出しに

行っていましたが、今回は一日も早く!という

感じで生後すぐに出しました。

ちなみに申請した書類は、

・自治体の子ども医療助成申請
・限度額認定証
・小児慢性特定疾患
・自立支援医療(育成医療)
・子どもの保育の内容変更届

だったかと。

(申請書類については追々・・)



この日の午後にレントゲン撮りました。

特に何の問題もなかったです。

(車椅子で移動)




お昼から産褥食に!!お粥卒業!

あれ・・?なんか見たことあるメニュー。

もしや・・と思い次男の時の出産記録を遡って

みると、似たメニューだった (@ ̄ρ ̄@)

退院まで、見事に次男の時と似たメニューの

連続だったので、メニューがマニュアル化

されているのかな?

(てことは、忘れてるだけでぴー子の時も?)




夕方にはとうとう硬膜外カテーテルを抜管!

ああああとうとうきたか・・という心境に。

カテーテルの袋、パジャマの中に隠して

やり過ごしたい気分に駆られる。笑

そういうわけにもいかず、抜管し、案の定

その後からズキズキズキズキと痛みが増す。

う・・いたい・・・痛いよー・・ひーん・・

とシクシクと啜り泣きしながらベッドで過ごし

ました。








出産3日目の記録に続きます。





最後までお読みいただきありがとうございます。

読んだよーのしるしにポチッと頂けるとうれしいです

⇩⇩⇩

にほんブログ村 子育てブログへ